ツル肌美人塾

乾燥肌改善の近道は「正しい洗顔」なんです

年齢を重ねるごとにお肌の悩みが増えてきますが、その中で最も多いのが「乾燥肌」です。

まずは、乾燥肌には何が起こっているのかを知りましょう。

お肌は上から順に、表皮・真皮・皮下組織となっています。
乾燥に関係するのは、表皮と真皮です。

表皮には、細胞間脂質といわれる保湿成分があり、
その約40パーセントがセラミドという成分で占めています。
セラミドは、お肌の水分をしっかりとキャッチし、
それを守る役割があります。
セラミドが減っていくことで、乾燥肌となります。

真皮には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンがあります。
これらは加齢により減少します。
そうなると、肌内部の水分が減り、ハリや弾力も失われます。

これらが起こることで、代謝が悪くなり古い角質が肌表面に蓄積され、
分厚くなります。
そんな肌状態に化粧品をつけても、浸透していきません。
そうなれば、肌内部に水分も栄養も与えられず、乾燥肌へと突き進んでしまいます。

この問題を解決するのが「洗顔」です。

その役割は、クレンジングで落としきれなかった余分な皮脂汚れや、
古い角質を除去して正常なターンオーバーへと導いていくことです。

そのことが、新しいお肌の生まれ変わりをサポートし、
化粧品の水分や栄養を肌内部に届けることができます。
タイプは、固形などのさっぱりしたものを選びましょう。
しっとりタイプが多くありますが、結局は洗い流すので保湿効果はほとんどありません。

まずは、お肌をぬるま湯で洗いましょう。36度が適温といわれますが、
人それぞれ体温は異なるので、ご自身でぬるいと感じる温度で構いません。

そして、ネットを使ってしっかり泡立てましょう。

この際、洗顔料は少なめにし、ぬるま湯の割合を多くして泡立てるのがポイントです。
なぜなら、濃度の濃い洗顔料は、肌負担となるからです。
泡立てたら、皮脂の多く出やすい額と鼻を、そして頬、口回り、目回りを洗いましょう。

指が肌に当たる感覚があれば、それはお肌を摩擦しています。
指、泡、お顔の順になるようにやさしく洗いましょう。
最後は、こめかみや生え際に泡が残らないように、きれいに洗い流します。

しっかり洗い流そうといつまでもすすいでいると、
保湿成分であるセラミドがお肌からどんどん流れ出てしまいます。
お顔全体が洗い流せたら十分です。
ご自身の洗顔方法を見直し、改善していきましょう。

乾燥肌の最大の悩み!かゆみの対処法

肌の皮脂やセラミドなどの角質細胞間脂質などが減少することによって、
肌の内側にある水分量が低下することで起こるのが乾燥肌です。

肌のバリア機能が衰えている状態で、
放っておくとニキビや肌荒れなどの原因となってしまいます。

乾燥肌になるとかゆみなどの症状が出てきます。
これは、肌のバリア機能が低下している状態で
外部からの刺激を受けることによってかゆくなってしまうのです。

髪の毛や衣類が触れる程度の軽い接触や使い慣れた化粧品などでも
刺激となってしまい、皮膚にいる常在菌も増殖しやすくなっていることも
かゆみの原因と言われています。

乾燥肌から生じるかゆみに対する対策としては、
かゆいからかくということは避けた方が良いとされています。

かいてしまうと肌が傷つくと炎症の原因となってしまい、
余計にかゆくなってしまうという悪循環が作り出されてしまう可能性もあります。

辛いという場合には、我慢せずに塗り薬やクリームを使うのもおすすめです。

尿素や抗ヒスタミン剤、セラミド、ビタミンEなどの有効成分の含んだ製品があるため、
保湿や炎症鎮静など自分の肌や症状、目的に合った物を選ぶことができます。

日常生活からケアしていくことも重要で、
ウールなどの刺激になってしまう素材や化学繊維ではなく
コットンやシルクなどの自然繊維を使った衣類や寝具などがおすすめです。

入浴にも注意が必要で、40℃以下のぬるめのお湯に20分以内に浸かることで
皮脂など保湿成分が流れることを予防します。

重要なスキンケアですが、
セラミドなどの有効成分が含んでいるスキンケア用品を使うことをおすすめします。

乾燥肌を予防や改善するためには有効な成分で、
とくにおすすめなのがヒト型セラミドの含んでいるものになります。

酵母を利用て作られた物で保湿力が高く、刺激が少ないのが特徴です。

また、規則正しい生活をする、栄養バランスの取れた食生活を
行なうなどの根本的な見直しをしていくことも肌には有効です。

乾燥肌の原因は?美顔器で解消して正しいスキンケア

肌が乾燥してかさかさする乾燥肌にお悩みの方は少なくないでしょう。
乾燥肌が進むと敏感肌になるとも言われています。

そこで効くと言われる基礎化粧品でケアしているけれど、
あまり効果がないという方は多いようです。

化粧品が自分に合わない可能性もありますが、
もしかするとそれは間違ったスキンケアが問題かもしれません。

乾燥肌の原因は肌内部の水分不足です。
それを補う化粧品は美容液もしくは美顔器です。

保湿は乳液と勘違いしている方が多いですが、
実は厳密に言うと違うのです。

乳液には多くの油分が含まれています。
つまりこの油分で肌にふたをして肌内部の水分の蒸発を防いだり、
前に付けた美容液などの成分をより浸透させるのが乳液なのです。
乾燥肌を治すために行う保湿は美容液で行うのです。

スキンケアを見直してみましょう。

順番としては洗顔、化粧水、美容液、乳液、
必要であればクリームとなります。

洗顔で汚れを落としそこに化粧水で肌を整えます。
そして整った肌に美容液で必要な成分を与え、
それを乳液で閉じ込める。さらに乾燥がひどい場合は
保湿効果の高いクリームでさらにふたをするということです。

スキンケアの間違いで多いのが、
日中の化粧水スプレーです。

肌が乾燥した時にスプレータイプの化粧水をシュッとして
肌に水分を補給しているつもりになっている方がいます。
これは間違いです。

付けた瞬間は潤った感じになりますが、すぐに蒸発してしまいます。
それだけではありません。
肌内部の水分も一緒に持って行ってしまい、
さらに乾燥肌を招くのです。

スプレータイプの化粧水がいけないわけではありません。
商品として販売されているのですから、正しく使えばいのです。
乾燥した肌にふりかけてそのままだからいけないのです。
その後に乳液などでその水分を閉じ込めればいいのです。

ただ、メイクをした顔に化粧水して乳液というのは現実的に厳しいので、
スプレータイプの化粧水は自宅などでノーメイクの際の使用がおすすめです。

次に乾燥肌対策に良いのが美顔器です。
化粧品はお肌の表皮を保湿させても奥まで保湿させることはできません。
美顔器はイオン導入や超音でお肌の奥まで潤い成分を浸透させられます。

化粧品も大切ですが、美顔器も使うことで、
より乾燥肌の改善が進みます。

乾燥肌の改善は簡単ではありませんが、
正しい方法をコツコツ続けていれば、解決することは決して難しくもありません。
ぜひ諦めず頑張って下さい。

乾燥肌とは

乾燥肌は肌の水分量や皮脂が少ないことによって乾燥状態になってしまうことです。

見た目の特徴として分かり易いのが粉を吹いてしまうことですが、
これは水分や皮脂が少なくなることで角質が剥がれ、
それが粉のように見えてしまいます。

特に頬辺りは皮脂の分泌量も少なく乾燥し易いですし、
粉を吹き易くなってしまいます。
そして症状が重いようですと、顔のいたるところに乾燥状態が見えるようになります。

肌を触った時に柔軟性がないのも特徴のひとつです。
水分量が豊富な肌は柔軟で弾力がありますが、
乾燥肌ですと細胞が弱っていますので押し返すよう強さがないのです。

見た目では分かりませんが、
乾燥肌ですとダメージを受け易くなっているのも特徴と言えるでしょう。

潤いがある肌の場合は肌を保護するバリアがきちんと機能していますので
外的な刺激から肌を守ることができます。

しかしながら細胞が弱っている乾燥肌はバリア機能が衰えていますので
紫外線や化粧品などによって刺激を受け易くなってしまうのです。

その為、ノーマル肌と比較するとダメージを受け易く、
それによって肌トラブルも起こり易い状態になります。

分かり易い乾燥肌ですと粉を吹くなどしますが、
反対に分かり難いケースもあるのです。

一見すると肌が潤っているように見えるものの、
肌の内部は乾燥しているという肌状態の場合もあり、
これはインナードライと呼ばれています。

表面的にはテカリもありますが、
しかしながら内側では水分が不足していて隠れ乾燥肌になっているようなことがあるのです。

気付き難いということもあり保湿を疎かにしてしまいがちですが、
それによって内部からどんどん劣化するようなこともありますので、
肌質をしっかりと見極めるようにしなければいけません。

乾燥肌の場合でもきちんと対策をすることで改善することもできますが、
大切なのがしっかりと保湿をすることですので、
保湿効果の高い基礎化粧品などを活用してケアするようにしましょう。

食生活で乾燥肌改善できるの?

乾燥肌の人にとって、冬の寒い季節は辛い時期です。

スキンケアをしっかりおこなっていても
乾燥を防げず困っている人はたくさんいるでしょう。

もちろん、スキンケアは大切です。

乾燥肌の人にとって、保湿するということはとても重要なことです。
しかし、そういった保湿方法だけでなく、
普段の生活習慣や食事方法でも乾燥肌を改善できます。

肌の乾燥を防ぐのに一番効果的なのは「たんぱく質」を採ることです。

たんぱく質が多く含まれている食材は、
卵や乳製品、大豆、肉や魚介類があげられます。
特におすすめなのは卵です。

卵は、たんぱく質が多いと共にアミノ酸も豊富です。
アミノ酸はコラーゲンの主原料です。

肌に潤いやハリを与えるコラーゲン、そのコラーゲンもたんぱく質と一緒に
摂取できるのは非常に魅力的ですね。
まさに卵はお肌に良い食材といえるでしょう。

乳製品には、たんぱく質の他にセラミドなどの
肌の保湿に役立つ栄養素が含まれています。
適度に摂取することで乾燥を防いでくれます。

大豆製品の中では、納豆がおすすめです。

納豆には、たんぱく質・セラミド・ビタミンEなど、
肌の保湿効果につながる栄養素が豊富です。
また、女性ホルモンを増やす働きもあるため、
乾燥肌だけでなく美肌効果も期待できる食材です。

納豆の他にも、ネバネバした食材は体全体の保湿力を高めてくれます。
オクラや山芋、海藻類やなめこなどのネバネバした食材もおすすめで、
体全体の保湿力を上げることにより、
肌の保湿力も高まるので積極的に摂りましょう。

ビタミンA、C、βカロチンを豊富に含んだ緑黄色野菜も積極的に摂りたい食材です。
ビタミンやβカロチンが不足すると、乾燥肌を引き起こします。
つまり、今乾燥肌の人にとっては、
これ以上ビタミンやβカロチンを不足させないように補うことが大切です。

乾燥肌でなく、肌全体の働きを良くする作用があるので、
なるべくたくさん摂取し綺麗な肌を作り出しましょう。
また、ゴマやナッツ類も乾燥肌に良く効く食べ物として知られています。

ナッツ類は、適度な脂質と共にビタミンも豊富なので、
肌の保湿力をより高めてくれます。
ナッツを単体で食べるのが苦手な方には、
はちみつ漬けにしたナッツがおすすめです。

はちみつも肌の乾燥に非常に効果的な食材です。
肌表面だけでなく、体の内側から綺麗にしてくれる効果があるので積極的に摂りましょう。

教えて!スキンケアの正しい順番

スキンケアの際にしようする基礎化粧品には、
必ず使う順番があります。
これを適当に使っていると、基礎化粧品が本来持っている効果が、
しっかりと発揮できないことがあります。

スキンケアの一番最初に行わなくてはいけないのが化粧水です。
洗顔をした時は肌の汚れも取れますが、
一緒に皮脂も取れています。

皮脂が取れてしまうと、肌が乾燥した状態になってしまうので、
肌に保湿成分をいきわたらせるためにも、化粧水はとても重要です。

化粧水がきちんと角質層まで浸透することによって、
その後使用する基礎化粧品がさらに浸透しやすくなるということです。

洗顔後というのは、とても肌が乾燥しやすいため、
なるべく早めに化粧水を使用して下さい。

二番目に使うのは、美容液です。
これは肌全体に使用するものではなくて、
気になるシミやたるみなどの部分に集中的に使います。

美容液と言っても最近では美白をしたい人向けや、
保湿をしたい人向けなど、目的別に色々な種類があるので、
自分に何が不足しているのかを考えて選ぶと良いでしょう。

三番目の基礎化粧品は、乳液です。

乳液には水分と油分がバランス良く配合されているので、
保湿をしながら肌に必要な油分も同時に補ってくれる働きがあります。

最後に今まで使用してきた基礎化粧品を、
肌に封じ込めてくれる役割の、クリームを使ってスキンケアは終わりです。

このクリームというのは、乳液と比べて油分が多く配合されています。
そのため化粧水、美容液、乳液で肌に与えてきた有効成分を、
しっかりとフタをして閉じ込めてくれます。

人によって肌質やその日の肌コンディションというのは違うので、
量を調節したり順番を抜かしたりはありますが、
基本的なスキンケアの順番を変えてしまうと、
その効果は半減してしまいます。

きちんとした順番で行わなければ、返って肌に悪影響になる場合も少なくはないです。
基礎化粧品にはそれぞれ正しい使い方が必ずあるので、それを守って使用して下さい。

いまさら聞けない!スキンケアの基本について

毎日、洗顔もメイク落としも美容ケアもしっかりと行っているのに
なぜか肌の調子が悪いと感じたことありませんか?

もしかしたらあなたが行っているスキンケア方法が間違っているのかもしれません。

肌は人によって全く違う性質を持っています。

ご自身にあったスキンケア方法を見つけるためにも、
もう一度スキンケア方法を見直してみましょう。

まずは「洗顔回数」です。

脂性肌だからと毎日3回以上洗顔をしていることはないですか?

ニキビやベタつきが気になる方は何度も洗顔を行うことがあるようですが、
洗顔のしすぎは肌に良くありません。

肌に必要な角質や油分を取り過ぎてしまうことで肌は
潤いを無くし水分を補おうと過剰に皮脂を分泌するようになります。
これが肌のベタつきをさらに悪化させます。

次に「洗顔方法」です。

洗顔する際に優しく洗っているつもりでも、
気がついたらゴシゴシと擦ってしまっていることはありませんか?

肌はほんの少しの刺激でも赤くなったり、傷ついてしまうことがあります。
思っている以上に軽く優しく触れる態度にくるくると洗うだけで良いのです。

泡をしっかりと作り、その泡を肌に当てるような感覚で洗うのが一番良いでしょう。
泡だけでも十分洗浄効果はあります。

次に「基礎化粧品」です。

あなたが使っている基礎化粧品は本当に肌にあっていますか?
肌の状態に合わせて季節ごとにあった基礎化粧品を使用することが必要な場合もあります。
気温や湿度の変化に肌がついていけないことがあります。

例えば夏に使っていたものをそのまま冬に使ってた場合、
夏に使用していたもののままでは乾燥状態が
ひどくなっているのにそのことに気づいていないことがあります。

季節ごとに肌の状態を確認することが重要なのです。

この様に基本的なスキンケアをしっかりと丁寧に行うことが美肌への一歩となるのです。
毎日のことなので、すぐに効果が出なくても時間をかければ必ず肌は正直に答えてくれます。
ご自身の肌の状態を毎日チェックしてその時に応じたスキンケアを行いましょう。

Scroll To Top