ツル肌美人塾

乾燥肌とは

乾燥肌は肌の水分量や皮脂が少ないことによって乾燥状態になってしまうことです。

見た目の特徴として分かり易いのが粉を吹いてしまうことですが、
これは水分や皮脂が少なくなることで角質が剥がれ、
それが粉のように見えてしまいます。

特に頬辺りは皮脂の分泌量も少なく乾燥し易いですし、
粉を吹き易くなってしまいます。
そして症状が重いようですと、顔のいたるところに乾燥状態が見えるようになります。

肌を触った時に柔軟性がないのも特徴のひとつです。
水分量が豊富な肌は柔軟で弾力がありますが、
乾燥肌ですと細胞が弱っていますので押し返すよう強さがないのです。

見た目では分かりませんが、
乾燥肌ですとダメージを受け易くなっているのも特徴と言えるでしょう。

潤いがある肌の場合は肌を保護するバリアがきちんと機能していますので
外的な刺激から肌を守ることができます。

しかしながら細胞が弱っている乾燥肌はバリア機能が衰えていますので
紫外線や化粧品などによって刺激を受け易くなってしまうのです。

その為、ノーマル肌と比較するとダメージを受け易く、
それによって肌トラブルも起こり易い状態になります。

分かり易い乾燥肌ですと粉を吹くなどしますが、
反対に分かり難いケースもあるのです。

一見すると肌が潤っているように見えるものの、
肌の内部は乾燥しているという肌状態の場合もあり、
これはインナードライと呼ばれています。

表面的にはテカリもありますが、
しかしながら内側では水分が不足していて隠れ乾燥肌になっているようなことがあるのです。

気付き難いということもあり保湿を疎かにしてしまいがちですが、
それによって内部からどんどん劣化するようなこともありますので、
肌質をしっかりと見極めるようにしなければいけません。

乾燥肌の場合でもきちんと対策をすることで改善することもできますが、
大切なのがしっかりと保湿をすることですので、
保湿効果の高い基礎化粧品などを活用してケアするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll To Top